1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 「ユニバーサルデザインの誕生」 ~ユニバーサルデザイン・レポートNo.00002~

BLOG

スタッフブログ

スタッフブログ

「ユニバーサルデザインの誕生」 ~ユニバーサルデザイン・レポートNo.00002~

No.00002:「ユニバーサルデザインの誕生」

生みの親 ロナルド・メイス:

1941年-1998年(アメリカ)

建築家 兼プロダクトデザイナー・教育者・コンサルタント

9歳の時ポリオに罹り、酸素吸入しながら車いすで生活

1966年 ノースカロライナ州立大学デザイン学部で建築学の学位を取得、卒業

1980年 「ユニバーサルデザイン」を提唱

ユニバーサルデザインの提唱に至るまで:

1960年代、北欧デンマークを中心に、バリアフリーが叫ばれ始めました。バリアフリーデザインは、「障害の部位や程度によりもたらされるバリア(障壁)に対処する」という考え方に基づいています。1974年に国連で公に提言され、バリアフリーが一層推進されるようになりました。

そのようなか、ロナルド・メイス氏は、高齢者や障がいのある人のみに向けられたバリアフリー設備に疑問を抱き、『ユニバーサルデザイン』を提唱します。

『ユニバーサルデザイン』は、「多様な人々が気持ちよく使えるようにあらかじめ都市や生活環境を計画する」という考え方に基づいています。障がいのある、なしで区別するのではなく、“すべての人が人生のある時点で何らかの障害を持つ”ということを発想の起点としています。

また、バリアフリーと『ユニバーサルデザイン』は全くの別物というわけではなく、関わり合ってもいるのです。

ユニバーサルデザイン7原則:

  1. ―公平性―誰にでも公平に利用できる
  2. ―自由度―使う上で柔軟性に富む
  3. ―単純性―簡単で直感的に利用できる
  4. ―明確さ―必要な情報がすぐに理解できる
  5. ―安全性―うっかりミスが危険につながらない
  6. ―持続性―身体的な負担が少ない
  7. ―空間性―接近して使える寸法や空間になっている

執筆:平塚センターI

関連記事

マインドフルネス、私も実践中!

発達障害や精神障害を抱える方々を含め、生活や仕事にマインドフルネスを取り入れる人は少なくないと思います。私、ペガサス平塚センターの鈴木もその一人です...

ストレスについて

こんにちは。精神障害者・発達障害者の方々の就労支援をしております、ペガサス逗子センターの小林です。初夏の匂いも少しずつ感じられる気持ちの良い季節にな...

寒暖差疲労とは

皆様こんにちは。 精神障がい、発達障がいの就労支援を行っているペガサス逗子センターの小林です。 今年は残暑が厳しくまだまだ暑い日が多いですね。とは言...

学ぶということ

みなさん、こんにちは。精神障害・発達障害に特化した就労移行支援事業所、ペガサススタッフの上西です。 3月中旬に入り、朝晩の冷え込みも和らぎました。日...