1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 不安との付き合い方?

BLOG

スタッフブログ

スタッフブログ

不安との付き合い方?

こんにちは。

精神障害、発達障害の就労移行支援事業所のサービス管理責任者 髙梨です。

今回は、「不安の正体」「不安への対処法」について考えてみたいと思います。

セルフケア講座・セルフケア報告

ペガサスでは、毎朝、セルフケア報告を行っています。セルフケアのシートに自分で記入したことをスタッフに報告してもらうものです。

シートには、チェックシートから選んだ良好サイン、注意サイン、悪化サイン

リカバリーが各6つずつ書いてあります。このシートは、セルフケア講座の中で作成します。

毎日、利用者様に報告頂き気になることは、注意サインや悪化サインの原因が「不安」な気持ちからくることが多いことです。

そこで、今回は、「不安の正体とは、何なのか?」「対処法はないのか?」についてお伝えしたいと思います。

不安とは

「不安自体を感じることは何の異常もありません。むしろ、自身の安全が脅かされると感じる「アラーム」の役割があるので、とても大切な役割を果たしています。」

「不安がどんなものか説明することは、大変難しいのですが、漠然とした感覚とか、「憂鬱」と呼ばれるものです。また、身体の感覚として頭痛、発汗、動機、胸部圧迫感、腹部の不快を感じることもあります。不安とは気持ちだけの問題でなくて、身体にも表れる特徴があります。」

また、恐怖と不安の違いは、

対象が明確なもの…「恐怖」

対象が不明瞭なもの…「不安」

恐怖は最低限のことで、回避できることができますが、不安は回避できません。

その結果、「予期不安」という不安になるかもしれないという不安に悩まされる

こともあります。

~公認心理師の赤田太郎の仕事に役立つ心理学より~

リフレーミングとは

不安の対処法は、呼吸法、不安をメモに書きだす(場合によってはそのメモを破る)など他にもいろいろとあると思いますが、

今回は、リフレーミングを利用者さんと講座とワークで学んでいきます。

リフレーミングとは、

コミュニケーション心理学(NLP)の用語のひとつ。

別名「脳の取り扱い説明書」ともいわれ、「目標の実現」「悩みの解決」「思考や行動」「感情のコントロール」「人間関係の構築や修復」などで幅広く活用されています。

ポジティブシンキングとは、前向きに物事を考える思考方法で

リフレーミングは「相手の立場に立つ」「相手を理解する」「相手に共感する」といったアプローチから始まる心理学です。

単純に前向き・積極的に考えるだけのポジティブシンキングとは、異なります。

リフレーミングは、枠組みを変えて感じ方も変えるフレームワークです。不満を満足や喜びに変えられます。

【リフレーミングの効果】

  1. モチベーションアップ
  2. 自信がつく
  3. 苦手意識が弱まる
  4. 人間関係が良くなる

カードを使ってのワーク

  • まずは、練習

⇒ リフレーミング後

「あと、5分しかない」⇒ 「まだ、あと5分もあるよ。」

「仕事がつらいなあ」⇒  「ストレスも給料のうち」

  • 個人ワーク練習

「失敗してしまったね。」⇒   「            」

「こだわるね」⇒  「                 」

     どうですか?リフレーミング出来ましたか?

     

     「失敗は次に同じ失敗をしないために、大切な経験をしたね。」

     「自分の好きなことを大切にして、最後までやり通すんだね。」

    これは、一つの例ですが、他にもいいリフレーミングがあると思います。

  • グループワーク
    • カードを使ってグループで1つのカードのリフレーミングをする。

数人で行うので、いろいろな考え、言葉が生まれる。

自分の学びになる。

    

  • それぞれお題を提供し、グループメンバーで考える。

(今まで自分自身が言われ、悩んだり、気になったりしたことなどを取り上げてみるのも良いかも…しれません。)

リフレーミングをすると、

「あなたのままでいいんだよ」と包み込んでくれる言葉

脳の思考回路を少し変えるクセを付けて、「不安」を断ち切ることが出来るようになると、「不安との付き合い」が上手くなると思います。

ペガサスで、このワーク体験をしませんか?お待ちしております。

  • 自宅で訓練!
  • 自宅で働く!
ペガサスの在宅型就労移行支援サービスをわかりやすく説明しています。
是非、ご覧ください。

関連記事

技術革新の恩恵を受ける

苦手なことで、自分のしたい勉強が阻まれる 精神障害・発達障害の方に特化した就労移行支援事業所、ペガサス平塚センターの秋山です。いつも栄養や食べ物の話...

マインドフルネス、私も実践中!

発達障害や精神障害を抱える方々を含め、生活や仕事にマインドフルネスを取り入れる人は少なくないと思います。私、ペガサス平塚センターの鈴木もその一人です...

脳を休める方法

ブログをご覧いただいているみなさま、こんにちは。精神障害・発達障害の方々の就労を支援しております就労移行支援事業所ペガサス、平塚センターの宇佐美です...