障害者の就職、精神障害、発達障害の就労支援のための
平塚市・横須賀市にある就労移行支援事業所

夢をかなえよう!

投稿日:2019年1月16日

年が改まり、厳しい寒さが続きますが、体調崩されていませんでしょうか。

こんにちは。ペガサス横須賀センタースタッフの荒井です。

年末は体調を崩し、改めて健康の大切さを思い知ると同時に、休みの間業務を変わりに行ってくれたスタッフに大変感謝です。仕事をしていると、自分の業務は自分でしっかりやらなければいけない、と思いが強くなりがちですが、時には苦手なこと、出来ないことは頼む、ことも大事なんだなと感じることが出来ました。

さて、新年を迎え、ペガサス横須賀センターでは新年初日に「目標設定」プログラムを実施しましたので、「目標設定」についてお話したいと思います。

目標について考えてみると、「目標」によく似た言葉に「夢」という言葉があります。まず、目標と夢を明確に区別しておくことが、正しい目標設定をしていく鍵になります。

夢:「そこに到達するまでの道筋(プロセス)が不明確なもの」
目標:「そこに到達するまでの道筋(プロセス)が明確なもの」

小さい頃に思った「歌手になりたい。プロ野球選手になりたい。」→「夢」どうすれば、なれるのか、達成できるのか道筋が明確に見えていません。達成可能なのは、夢に対して具体的な道筋となる「目標」になります。

プログラムでは、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、プロ野球選手の大谷選手が高校時代に作成した「目標達成マンダラート」をもとに一人一人作成してみました。

「就職したい」「資格を取得したい」「自分の気持ちを伝えられるようになりたい」等、様々な目標があり、目標達成に向けて具体的なアクション(プロセス)を考えられていました。

目標達成マンダラートを作成することによって、

①アクション(アイディア)を考え、発想が広がる、
②優先すべきアクションを絞り込める
③行き詰まったとき、違う切り口が見つかる
④目標に向かって意識を集中することができる

大事なのは、目標を考えて終わりではなく、1コマのアクションを「実行」することです。一つ一つ実行していくことで、目標達成に向けて前進することが出来ます。

新年の始まりにぜひ目標を設定し、実行してみてくださいね。

今年の干支は「猪(いのしし)」【猪突猛進】という四字熟語がありますが、”ちょとつ”ならぬ、”ちょっとずつ” 目標に向かえるといいんじゃないかな~、

と(あくまでも)私の思いです。

Other

その他

RSS

ページトップ