障害者の就職、精神障害、発達障害の就労支援のための
平塚市・横須賀市にある就労移行支援事業所

身だしなみは整えましょうね、というお話

投稿日:2019年1月5日

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞペガサスをよろしくお願い致します。

スタッフの井上です。
昨年末は大忙しでした。
10月より平塚と横須賀事業所を兼任となりました。
日により出社する事業所が異なるため、時折間違えそうになります。

さて、新年1回目のスタッフブログに何を書こうか迷っておりますが今回は、身だしなみについて。

ペガサスでは、ご利用中(体験利用含めて)の服装についてはビジネスカジュアルを推奨しております。
これはビジネスカジュアルという曖昧な服装・定義を、毎日のペガサス通所や企業実習で周りの服装をみて学び、また実践し就職後に困らないようにという思いからはじめました。
実際、一口に企業と言っても職場により服装のルールは異なります。
ジャケパンでOKの会社から、営業職ではクールビズ期間中でもお客様と会うときだけはネクタイ着用など様々です。
ちなみにペガサススタッフも、ご利用者様の見本となるよう通年でビジネスカジュアルです。

男性の場合、ネイビージャケットにグレースラックスが一般的には鉄板と言われております。
革靴はブラックでもブラウンでも似合いますね。
参考になるのはテレビのアナウンサーや世界のロイヤルファミリーでしょうか。

女性の場合は、、、すみません、ペガサス女性スタッフがお答えいたします(笑)

しかし、これらは「服装」の話。
コーディネートとかオシャレ、お化粧とかのイメージ。

「身だしなみ」はもう一歩手前の、洗顔とか歯磨き、手洗いうがいのイメージ。
毎日歯磨きしていますか、お風呂入っていますか。髪の毛切ってますか。
同じように服や靴についても、日ごろの意識・習慣が必要ですよ、という話です。
毎日着るシャツ、アイロンかけてますか。
スラックスの折り目消えかけてませんか。
革靴、晴れているのに水滴の跡ついてませんか。
ハンカチ持っていますか。
メガネ、指の跡やホコリついてませんか。

ペガサスでは毎日、身だしなみチェックをおこなっております。
身だしなみを整える習慣がついていないとジャケパンでもスーツでも印象は良くないです。
面接での印象も良くないでしょうし、何より不潔、汚いというイメージを持たれてしまいます。
そうはならないよう、日ごろから身だしなみをチェックする習慣をペガサスを利用しながら身につけましょう、というお話でした。

Other

その他

RSS

ページトップ