精神障害、発達障害の就職、障害者の働くをサポート
平塚市・横須賀市にある就労移行支援事業所

苦手じゃなくて

投稿日:2019年5月31日

申し込み書や申請書など
大事な書類を書くのが苦手な方
結構いますよね
 
私はよく
高齢者や学生などに付き添って
教えてあげながら
一緒に出すことが多いのですが
 
皆さん大体
『こういうの苦手なんだ』
という台詞が口から出てきます
 
書類に限らず
人間誰しも
どんなことでも
苦手=『不得手』なものはあるものですよね
 
そういったものに遭遇すると
『苦手』とか
『難しい』とか
『大変』とか
つい思ってしまいがちですが
 
『苦手』『難しい』『大変』と
口にすることで
 
自分の口から出たセリフを
一番近くで聞いてる
自分の耳から脳に伝わり
行動にブロックが掛かってしまうので
 
私はいつも皆さんに
『不慣れ』なだけですよと
お声掛けしています
 
何事も
『失敗しちゃいけない!』と思うと
腕や肩に力が入って
 
結果
やり直さなくてはならなくなるケースも
多々あります
 
 
『苦手』や『難しい』と思ってしまう方は
どうなるのか先が見えない
『不透明』な部分を察知して
『不安』になるのではないでしょうか
 
『不慣れ』なことは
いずれ『慣れ』るものです
 
『不透明』で分からないことも
やっていくうちに
段々先が見えるようになり
『透明』(クリア)になることでしょう
 
そうすれば自ずと
『不安』も解けるはずです
 
『不得手』なことの要素は
 
だいたいが
『不慣れ』『不透明』『不安』から
来ている『不』の部分
ではないかと思います
 
だから特に若い世代には
 
今は『不』を払拭する
練習をしているのだから
『まずはやってみよう!』と
伝えています
 
書類なら書き直せばいいんです
 
訂正の仕方を覚えるのも勉強です
 
やったことの無いことを
経験することが最も重要だと
私は思っています
 
 
苦手意識が強い
『不得手』なものは
教えてくれる人が周りにいるうちに
習っておきましょう
 
それでも
どうしても
『不』を払拭できない時は
『得意』な人を探して
ゲットしておくのもオススメです(*^▽^*)

平塚センター穐山

Other

その他

RSS

ページトップ