精神障害、発達障害の就職、障害者の働くをサポート
平塚市・横須賀市にある就労移行支援事業所

”当事者目線”の一つの形

投稿日:2019年4月19日

平塚センタースタッフの秋山です。
今年2月に採用された新人ですが、少しでもご利用者の方々の支えになればと、できる範囲で足掻いている最中です。
 
私もご利用者の方々と同じく発達障害を抱えています。
「みんなができていることが、どうして私にはできないんだろう」
「真剣にやってるのに、どうして間違えるんだろう」
「どうしてみんなが普通に分かることが、私には分からないんだろう」
こんなことばかり考えては落ち込んでいた学生時代でした。
その根本的な原因が分かった時は、もう社会人になって何年も過ぎてからでした。
単に原因が分かっただけでは、そのままの生活や仕事が上手くいくはずもなく、そこからまた時間をかけて色んな方法と環境の改善を試みました。
その中で、同じような経験をしてきた方々の助けになれることがあるかもしれないと考え、今年ペガサスの門戸を叩きました。
ペガサスにいる多くのスタッフが、毎日ご利用者様方の面談を行い、時には相談に乗ったり、他愛ない話に花を咲かせている様子を見て、
ああ、10年前にこんな場所が私にもあったら、また違った人生になったかもしれないなと思うことも、一度や二度ではありませんでした。
 
もし、自分の障害や病気について不安に思っているけれど、何をどこから手を付けていいか分からない。
それでも、いつかは自立して働いて生活していきたいという希望をお持ちの方は、お話だけでも伺わせて頂けませんでしょうか。
何らかのきっかけや、ヒントになるかもしれません。
 

Other

その他

RSS

ページトップ