精神障害、発達障害の就職、障害者の働くをサポート
平塚市・横須賀市にある就労移行支援事業所

面談いろいろ

投稿日:2018年12月7日

平塚スタッフ村上です。
現在私は支援機関まわりなど、事業所外でのお仕事が大半なのですが、昼食の時間が不規則だったり、量のコントロールが難しかったりで、体重がかなり増えてしまいました。
そろそろ本格的にダイエットを始めないとやばいなぁ…と、危機感を感じています。

さて、今回のブログでは「面談」についてご紹介したいと思います。
ペガサスでは定期的に2種類の面談を提供しています。

1) 「個別支援計画」策定、または見直しのための面談
ご利用者様個々に合った支援を行うために、3ヶ月に1度面談を行い、今後の支援計画を立てる、もしくは立て直すことが法律で定められています。
就職という最終目標に向かって、当面達成すべき課題は何か、そのために何に取り組むか、などを話し合い決定します。
先ほどダイエットの話をしましたが、ダイエットも突然痩せるわけではなくて(そうであれば最高ですが!)、まずは小さい目標と取り組む内容を設定し、それを実行することによって少しずつ理想に近づけていきますよね。
就労準備も考え方は同じです。

2) 「定期面談」
個別支援計画面談の他にも、ひと月に1度面談を行います。ここでは個別支援計画の進捗状況の確認、当面の課題の検討などが主な内容となります。

いずれも1時間程度、ご利用者様とスタッフとで話し合いをする時間だと考えていただければと思います。

私から皆様にお伝えしたいのは、面談の1時間はあくまでもご利用者様ご本人のためにある、ということ。
面談を通して気持ちがすっきりし、少しでも次のステップへ向かおうとする気持ちが湧いて来ることを願っています。

Other

その他

RSS

ページトップ