精神障害、発達障害の就職、障害者の働くをサポート
平塚市・横須賀市にある就労移行支援事業所

雇う側の視点

投稿日:2018年9月24日

平塚スタッフ村上です。

以前、「どうしたら就職できますか」というタイトルで記事を提供しましたが、

今回はそれを、雇う側の視点から考えてみたいと思います。

 

先日、企業での障害者雇用の担当者と話す機会がありました。

その中で、みなさんが共通でおっしゃっていたのは

・企業は利益を生み出す場なので、まずは成果をあげることが大前提である

・「配慮」は、あくまでも成果をあげるための手助けと考えてもらいたい

というものでした。

 

では、「成果をあげる」ために必要なこととは何でしょうか?

・決められた日数or時間、仕事に取り組める体力

・与えられた仕事を(出来るだけ)早く、正確に仕上げられる能力

だと、私たちは考えます。

もちろん、他にもあるとは思いますが、最低限この2点ではないかと思っています。

 

就労移行支援事業所では、訓練やプログラムを通し、みなさまに「職業準備能力」を

身につけていただくお手伝いをしています。

ご関心がおありでしたら、ぜひ説明会にお越しください。

 

◎お問い合わせ

ペガサス平塚センター

TEL:0463-74-6683

ペガサス横須賀センター

TEL:046-854-9061

Mail(共通):setsumeikai@pegasus-job.com

Other

その他

RSS

ページトップ