就労移行支援(横浜・横須賀)で、うつ病での再就職や、発達障害での就職支援に特化。

一般社団法人ペガサス 事業所番号:1410900896

  • お気軽にお問い合わせください。
  • 横浜:045-594-6326
  • 横須賀:046-854-9061
  • 受付時間 9:00~18:00(土日・祝日を除く)
  • お気軽にお問い合わせください。TEL 045-642-6551 | 受付時間 9:00~18:00(土日・祝日を除く)
  • 利用説明会
  • お問い合わせ

「絶対ムリ」をムリしない方法

「絶対ムリ」をムリしない方法

投稿日:2018年1月30日

こんにちは、ジョブセンターの根本です。先週は週初めから大雪で、通勤に通学、通所などそれぞれにご苦労があったかと思います。

大雪の場合は自然災害ですが、通勤にかかわる困難さは、人それぞれですよね。

私の場合、心の底から満員電車が耐え難いです。これは高校時代にまでさかのぼります。いかに回避するか、快適な通勤ができるか。これが働くうえで一定のパフォーマンスを維持するために最重要課題に上がります。

とはいえ、所属先にはそれぞれルールがあります。そこで許される範囲が周囲が受け入れてもらえる、心地よい協力の範囲でしょう。周囲に我慢させるという状況も「周囲のムリ」です。長くは続きませんよね。

私は、仕事探しの段階で「絶対ムリ」を選ばないことを大切にします。安易に「できます、大丈夫です」となめてかからず、「挑戦したいけれどまだ自信はありません」とできない自分を認める勇気も必要だと私は考えます。それは、うそをつかない誠実さとして、面接官も見抜くことでしょう。長く勤めたい会社には、可能な限り自分の情報をオープンにできることは幸せな就職につながるのではないでしょうか。

自分の耐え難い苦労に対して、勤め先、通所先、就学先、そして自分にかかわる周囲の人たち(社会とまでは言いませんが)が「そう、しんどいのね」とある程度受け入れてもらえたら、どんなに居心地よく働けるでしょう!

その他の「スタッフブログ」はこちらから

トップへ戻る