就労移行支援(横浜・横須賀)で、うつ病での再就職や、発達障害での就職支援に特化。

一般社団法人ペガサス 事業所番号:1410900896

  • お気軽にお問い合わせください。
  • 横浜:045-594-6326
  • 横須賀:046-854-9061
  • 受付時間 9:00~18:00(土日・祝日を除く)
  • お気軽にお問い合わせください。TEL 045-642-6551 | 受付時間 9:00~18:00(土日・祝日を除く)
  • 利用説明会
  • お問い合わせ

就職後もサポートします!

就職後もサポートします!

投稿日:2017年8月29日

残暑の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。

夏の暑さで蓄積した疲れが出てくる頃で、ペガサスでも夏風邪に罹患される方が出始めています。健康管理は就労する上で最も基礎的な事ではありますが、最も大切な事でもあります。季節の変わり目でもありますので、体調を崩さないよう気を付けてお過ごしください。

 さて、就労移行支援と言えば就職するまでの過程に目が行きがちかと思われますが、その先の「どの様に仕事を続けていくか」については皆さま意識されていますでしょうか?就職した職場で長く働き続けること=職場定着率の向上が、今後の障害者雇用の大きな課題になってくると考えます。

 ペガサスにおいても、職場への定着支援として就労後のサポートも行っていますが、どの様なことを行っているか、簡単にご紹介いたします。

 

 ●入社時は、職務内容、作業工程、職場内の協力体制、従業員の障害に対する理解など、ソフト面の課題を整理し、障害特性に合わせて業務の切り出しや再設計、職場内の協力体制の構築などを行います。

 ●職場内でのキーパーソンが異動した場合、当事者への理解が継続されるよう、管理職研修に障害理解の講習を組み込むことを助言したり、次の担当者への引継ぎを綿密に行います。

 ●障害特性ごとに理解しやすい指導方法があるため、精神障害者の方の場合であれば段階的に出勤時間を延ばしていくなど、特性に応じたアドバイスを企業に行います。

 ●雇用した企業からの困りごとや障害特性等の質問に対し、的確なアドバイスや指導法をレクチャーし、企業に対する支援も行います。

 ●課題をタイムリーに把握し、早期に対応していくためには、日頃からの企業との信頼関係が基盤となるため、企業とはこまめに情報交換を行っています。また、複数の支援機関が連携して定着支援する場合も、それぞれの認識にズレがないよう企業及びその他の支援機関と連絡調整を行います。

 ●職場定着が安定した後は、訪問や面接の回数を徐々に減らしていきますが、状況に応じてフォローアップを行い、職場での困りごとや変化があった場合は随時対応致します。

 

定着支援では大まかに上記のことを行っております。

 ここで注目して頂きたいのは、「雇用する企業側も悩みや困りごとを抱えている」ということです。私たち支援者は当事者側に意識が偏りがちですが、安定して雇用を継続するためには企業側への支援も必要であると言えます。

そして、一般の従業員が職場において障害のある方の就労継続に必要な、様々な援助を自発的または計画的に提供できること。つまり、ナチュラルサポートの形成が職場定着率の向上に必要であると考えます。

ペガサスでは、障害のある方と企業が良好な関係を形成できるよう、定着支援にも力を入れています。

 

皆様の幸せな就労に向けて、少しでも気になった方はお気軽にお問い合わせください。

その他の「スタッフブログ」はこちらから

トップへ戻る