就労移行支援(横浜・横須賀)で、うつ病での再就職や、発達障害での就職支援に特化。

一般社団法人ペガサス 事業所番号:1410900896

  • お気軽にお問い合わせください。
  • 横浜:045-594-6326
  • 横須賀:046-854-9061
  • 受付時間 9:00~18:00(土日・祝日を除く)
  • お気軽にお問い合わせください。TEL 045-642-6551 | 受付時間 9:00~18:00(土日・祝日を除く)
  • 利用説明会
  • お問い合わせ

支援者としての姿勢

支援者としての姿勢

投稿日:2017年8月4日

先日、アンガーマネジメントの研修に参加しました。

自分とは違う価値観の人とのやり取りなどがストレスとなり、イライラしたり、怒ったりしている、と自身もだんだん疲弊してきて人間関係によくない影響が出てくることを感じるようになり悪循環に陥ります。そのようなときに「アンガーマネジメント=怒りを管理する、と言う意味」これができると怒りに任せてのトラブルを回避できるようです。

「怒り」の感情は悪いことではありません。つまり、コントロールする力を培うことが大切のようです。
先ず、怒りの感情が湧いてきたら、6秒待つ「怒りの感情のピークは長くて6秒とのこと」1、2、3…と数えてみましょう。
次に、イライラ・怒りの温度(点数)を測る(穏やかな状態を0~人生最大の怒り10)など。
そして次に怒りの原因を分析する。誰か・出来事・何か、等々です。
あとは、相手に伝えるか否か判断するということでしょうか。以上簡単に説明しました。

さて、私はこれまで数々の研修に参加してまいりました。それはいつも支援者としての立場での参加でした。このアンガーマネジメント研修に参加し改めて自信を振り返る機会を持つことができました。

私、自身が一人の人間として価値観や生きる姿勢について向き合ってきていたか、何ができて、何ができていないか、そして何が課題かなど整理しながら支援者という役割に臨めていたのかどうか、ということです。今後も研修に参加する機会はあると思いますが受けた研修を先ず自身が実践し机上の空論とならないようにしていきたいと思います。 

その他の「スタッフブログ」はこちらから

トップへ戻る