就労移行支援(横浜・横須賀)で、うつ病での再就職や、発達障害での就職支援に特化。

一般社団法人ペガサス 事業所番号:1410900896

  • お気軽にお問い合わせください。
  • 横浜:045-594-6326
  • 横須賀:046-854-9061
  • 受付時間 9:00~18:00(土日・祝日を除く)
  • お気軽にお問い合わせください。TEL 045-642-6551 | 受付時間 9:00~18:00(土日・祝日を除く)
  • 利用説明会
  • お問い合わせ

自己理解が大切です

自己理解が大切です

投稿日:2017年5月23日

若葉の鮮やかな季節、皆様はいかがお過ごしでしょうか。ペガサス横須賀センター尾﨑です。

今年は急に暑くなったせいか、若葉の季節というよりは既に初夏の陽気で、過ごしやすい季節があまり無かったように思います。

横須賀センターでは、新規の利用者様が増えたことや就活中の利用者様状況から、応募書類の書き方の確認やブラッシュアップの必要性を感じ、改めて基礎的な講座を行っております。

そこで応募書類についてですが、皆様はどの様にお考えでしょうか?

単に基礎情報が詰まった書類、と考えてらっしゃる方も中にはいるかも知れません。
しかし、応募書類は応募者が企業に会う前に自分を知ってもらうための書類で、企業が応募者を判断するための言わば『自分の分身』のようなものです。
つまり応募書類の内容次第で、企業は応募者を良くも悪くも捉えることとなり、言い換えれば企業に良い印象を与えることが出来る重要な書類であると言えます。

応募書類は企業に提出する正式な書類である為、書き方やマナーなどが数多くありますが、その中でも重要なファクターを占めているのが志望動機と自己PRであり、多くの方々が頭を悩ませる部分でもあります。

もちろん志望動機や自己PRに正解はありませんが、企業が「この人ならば」と判断するポイントがいくつかあります。
当たり前と思われるかもしれませんが、①数ある企業の中でなぜその企業に入りたいのか(その企業で何をやりたいのか)、②なぜ①をしたいのか、③入社後はどのように働きたいのか、などの点を具体的に企業に示すことが大切です。

つまり、自分のキャリアやスキルを活かし、どんな仕事に取り組みたいかをアピールすることが重要であると言えます。

これらのポイントをしっかりとおさえるためには、自己分析を行い自分自身の理解を深め、自分の長所や短所、特性を正確に把握する必要があります。
長所が分かれば企業に自分をアピールすることができ、短所や特性が理解できていれば企業に配慮してもらいたいことを伝えることができます。

ペガサスではプログラムや講座を通して自己理解を深めて頂き、グループワーク等を体験して頂くことで、コミュニケーションの取り方の実践や応対を学んで頂いております。
利用説明会や体験利用は随時受け付けておりますので、少しでも気になった方はお気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

その他の「スタッフブログ」はこちらから

トップへ戻る